9月24日[土]アーティストトーク「彫刻の原点/彫刻の条件」@BankART KAIKO

鷲見和紀郎「brilliant corners」展、第3弾にして最後のトークイベントは、冨井大裕さんをお迎えして、彫刻という形式を抱えて表現をしてきた2人のアーティスト、それぞれが考える彫刻の違いや共通点などを通して、彫刻の原点とは? 彫刻の基本とはなにかを紐解きつつ、未だ彫刻の基本に魅せられている鷲見作品の魅力に迫ります。

この展覧会は、そもそも、池田修さんと鷲見さんの間では、鷲見和紀郎がもの派と80年代に出てきたニューウェイブの狭間の名前のない、あるは歴史化されていない世代の作家であることに注目して、「NO NAME AGE」という仮題で進んでいた企画です。池田さん真意はもはや聞きようもありませんが、助っ人としては、池田さんの企画意図を汲み取りつつ、鷲見さんの作家性にも寄り添いながら、これまで、あまり鷲見作品に触れていなかった人たちへ、つなぎ合わせることが役目と承知して、カタログの編集もトークイベントも進めてきました。

これまで、トークイベントは1回目が、現代美術における彫刻を再考している、千葉市美術館の森啓輔さんをお呼びしてギャラリートークを、2回目は鷲見さんと旧知の仲で、画家であり、批評家でもある松浦さんをお呼びして、対談を行いましたが、今回は私も進行役で加わり、私から鷲見さんに冨井さんを紹介する形で、アーティストトークを行います。

冨井大裕の作品は、最小限の手わざで彫刻を成立させることから、レディーメイドやオブジェ、デュシャンやミニマルアート、ひいては李禹煥の初期の作品につながる作品群を彷彿とさせるところもあるのですが、冨井作品の特徴は、本当に身近にあるものが、そのまま置かれてるようなカジュアルなテイストにも関わらず、それでも彫刻の条件を充分満たして、そこにある。もちろんそれは美術を成立させている制度自体に寄り添い、浮かび上がらせる姿勢の表れでもあると思うのですが、この最低限の彫刻の条件というあたりを手掛かりに、お2人の作品を考えていきたいと思っています。

冨井さんに、今回のトークの依頼をした際、冨井さんは鷲見作品の印象を「彫刻の原点、彫刻家が基本として抑えなければならないポイントだけで作品を作ろうとしている人」と表現しました。

それが今回のアーティストトークのタイトル「彫刻の原点/彫刻の条件」になったのですが、冨井さんが、セゾン美術館の「視ることのアレゴリー」で鷲見作品に初めて触れて以来、彼が、そこはかとなく感じてきた、鷲見作品への諸々の疑問もぶつけてもらおうと思っています。

トークは予約が必要ですのでご注意ください。また1ヶ月の展覧会も25日(日)が最終日です。ぜひお見逃しのないようにお願いします。

 

こばやしはるお

====
9月24日[土]19:15〜20:45
アーティストトーク「彫刻の原点/彫刻の条件」
鷲見和紀郎(美術家)、冨井大裕(美術家)、進行:小林晴夫(blanClassディレクター)

参加費:¥1,500 要予約
予約:info@bankart1929.com
会場:BankART KAIKO 鷲見和紀郎個展会場内

〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57−2 KITANAKA BRICK & WHITE 1F
http://www.bankart1929.com/bank2022/pdf/sumi.pdf
====
鷲見和紀郎 Wakiro SUMI
美術家
1950年岐阜県生まれ。1972年Bゼミ修了。三木富雄のアシスタントを経て、1976年ニューヨーク(アメリカ)に滞在。ブロンズやアルミの鋳造、ワックスインスタレーション、石膏の直付けなど、触覚に訴えかける表情を備えた造形と多岐にわたる方法を用い、彫刻、インスタレーション、絵画と、独自の空間表現を追求し続けている。1986~87年フランス文化省の招聘でエクス・アン・プロバンスに滞在、マルセーユ、トロワで制作と展示。1999~2000年文化庁特別派遣芸術家在外研究員としてリヨン(フランス)に滞在。2018年インゼル・ホンブロイヒ美術館(ドイツ)、アーティスト・イン・レジデンスで滞在制作と展示。個展に、1994年「THE VAIL」ギャルリー・ところ(東京)、1995年「Wax Works」秋山画廊 (東京)、2007年「今日の作家Ⅺ 光の回廊」神奈川県立近代美術館(神奈川)、2008年「yukel」島田画廊(東京)、2016年「LE CALME —凪—」ギャラリー・メスタージャ(東京)、2019年「メテオール—1. 考える月」ギャラリー21yo-j(東京)など、グループ展に、1992~93年「現代美術への視点・形象のはざまに」東京国立近代美術館, 国立国際美術館(大阪)、1995年「視ることのアレゴリー=1995:絵画・彫刻の現在=」セゾン美術館(東京)、2001年(〜2005年)、「椿会展」資生堂ギャラリー(東京)、2002年「かたちの所以」佐倉市立美術館(千葉)、2017年「彫刻を作る/語る/見る/聞く」東京国立近代美術館など多数。

冨井大裕 Motohiro TOMII
美術家
1973年新潟県生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科彫刻コース修了。既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」のあらたな可能性を模索する。2008年よりアーカススタジオにて、作品が朽ちるまで続く実験的な個展「企画展=収蔵展」を開催。SNSにて日々発表される「今日の彫刻」などと併せ、既存の展示空間や制度を批評的に考察する活動も行う。現在、武蔵野美術大学教授。

小林晴夫 Haruo KOBAYASHI
blanClassディレクター・アーティスト
1968年神奈川県生まれ。1992年よりBゼミの運営に参加。2001年Bゼミ所長に就任、2004年Bゼミ休講。2009年blanClass設立。Live ART+公開インタビュー+アーカイブを運営してきたが、2019年10月、10周年を機にLiveイベントを休業。現在はWEBアーカイブのみ運営。編著に、1997『market by market 12:原口典之 スカイホーク特集』(マーケット発行)、2005『Bゼミ「新しい表現の学習」の歴史』(BankART1929発行)、2022『鷲見和紀郎 brilliant corners』(BankART1929発行)がある。

鷲見和紀郎「brilliant corners」展について

今月26日からBankART KAIKOで始まる鷲見和紀郎個展のカタログ編集をしました。展覧会の企画は池田修さんの最後の企画のひとつです。急遽、助っ人という形で引き受けたのですが、久しぶりにのめりこみました。
また会期中のトークイベントを企画しました。隔週土曜日の夜に3つのトークを行います。8月27日(土)は、森啓輔氏が、眼の前にある鷲見さんの作品の分析を通して、作家本人に直接質問をするギャラリートーク。9月10日(土)は、最も長く鷲見作品を間近にみていた松浦寿夫氏との対談。彫刻家と画家、作家と批評家、向かい合う2人のあいだで、50年に及ぶ作家の活動を語らいます。9月24日(土)は、冨井大裕さんをお招きして、彫刻という形式を抱えて表現をしてきた2人のアーティスト、それぞれが考える彫刻の基本とはなにかを紐解きながら、鷲見作品の秘密に迫ります。
回顧展のようでもある展覧会には、現場で鷲見さんが制作した新作のワックスインスタレーションも見ものです。鷲見和紀郎ファンにも、初めて鷲見作品に触れる方にも、きっと満足できる全部のせの展覧会。
そしてカタログも、トークもぜひ!
 
こばやしはるお
-----
鷲見和紀郎「brilliant corners」展
-----
2022 年8 月26 日(金)- 9 月25 日(日) 31 日間
11:00-19:00 会期中無休
会場:BankART KAIKO
入場料:観覧のみ 800 円
カタログ付 2,000 円
問合せ: info@bankart1929.com TEL: 045-663-2812

-----

[カタログ]
巻頭・扉写真:鈴木理策
インタビュー:蔵屋美香
テキスト:松浦寿夫、森 啓輔
翻訳:キオ・グリフィス
デザイン:北風総貴
編集:小林晴夫
発行:BankART1929
通常販売価格:2400 円+税
-----
トークイベント]

参加費:¥1,500 要予約
予約:info@bankart1929.com
◇8月27日[土]19:15〜20:45
ギャラリートーク「鷲見和紀郎に聞く、彫刻の理由(わけ)」
鷲見和紀郎(美術家)、森 啓輔千葉市美術館学芸員
◇9月10日[土]19:15〜20:45
対談「彫刻と絵画のあわい|50年の迂回」
鷲見和紀郎(美術家)、松浦寿夫(画家・批評家)
◇9月24日[土]19:15〜20:45
アーティストトーク「彫刻の原点/彫刻の条件」
鷲見和紀郎(美術家)、冨井大裕(美術家)、小林晴夫(blanClassディレクター)
 

11月以降のblanClass|小林晴夫

f:id:blanClass:20191031174020j:plain

 
 
先週末のイベントをもちまして、blanClassのLive Artは長期休業に入ります。
 
10周年記念には、今後のweb運営の方針など具体的なことをお知らせする予定だったのですが、今年の1月に休業を発表してから、10月いっぱいでの休業に向けて準備していくことが、思ったよりも忙しく、ザワザワと過ごしてきたせいで、発表できずじまいになっております。
 
そもそも10年前に、この週末のイベントを思いついたのは、8月の暑い夕方。横浜駅をブラブラしている時、とんでもなく良い思いつきが頭の中に閃いて、すぐにその場で当時のメンバーに電話をしたのですが、その内容というのは「土曜の夜にパフォーマンスを見ながらお酒を飲める場というのはどうだろう?」という、後で振り返ってみると、ビックリするぐらい、なんということのない思いつきでした。
 
でもその時は、本当に疑う余地のないぐらい、とても良いアイデアだと確信をしたのです。というのはそのころの私は今以上にお金がなく、ギリギリの生活費を除けば、財布の中には10円玉と5円玉が数枚な日々…。0円からでもできる「しょぼい起業」というわけでもあったのです。利益を上げることを前提になにかを考えると、アイデアが途中で行き詰まってしまうのに、もうけのすべてを諦めると、どんなことでもできるような、なぜか軽くなるような気持ちになったのを忘れません。
 
なんにもなくて、なににも向いていない場所を手掛かりに、私も歴代のスタッフも「できるだけ持ち出しをしないように」ということだけを心がけ、支払いの順番をひとつでも間違えると、その後がいちいち厳しくなるので、常に頭の中ではパズルゲームを強いられるような、小銭との格闘の日々だったのですが、そのことも含めて、とても面白い日々でした。
 
私はblanClassをアーティストとして、しかし決して作品としてではなく、私以外の人たちが利用できる場として運営してきました。blanClassがblanClassとして、ちゃんと機能するためには、逆説のようですが、アーティストの私は「なにもしない」、それはとても空虚な行いの積み重ねのようで、中身のない箱づくりのようなことでもありました。
 
だからblanClassは初めからずっと「からっぽ」なところだったと思います。
 
中身はここに訪れる人たちひとりひとりが、持ってくるものでした。
 
blanClassにはいろいろな形で関わった人たちがいます。その誰に聞いても、blanClassの印象や、その役割に対する認識は異なっていたように思いますし、事実、時々に、まったく違う役割を担ってきたのだと思います。
 
それを可能にしたのは「自由」でした。どんな制約も許さない「自由」は、現実には、なかなか得られない権利のことかもしれません。またみんなにとって等しい「自由」は、あり得ないものなのかもしれません。だからblanClassにあった「自由」は仮設の「自由」かもしれませんが、それでも実感を伴うかけがえのない「自由」でした。
 
10年が経ち、利益を生まないからこそ可能だった「自由」の仕掛けも、これ以上継続させていくためには、いろいろ足りないものだらけ、これがひとつの限界だった気がしています。
 
「休業」は、残念な決断でもありますが、昨年の今ごろだったか、10周年を迎えるにあたり、なにをしようかという他愛ない会話の中で、うっかり口にした「休業したい」というつぶやきが頭から離れなくなり、次第に大きくなって今日に至ったのですが、その思いつきは「ワンナイトイベント」を閃いたように、とても良いアイデアだと思ったのも事実です。
 
この展開が正しい選択だと信じて、11月以降のblanClassを生きていきます。
 
細々とではありましたが、続けられたのは、すべての出演者たちそれぞれの想像力と時々に参加してくれたみんなのご支援のおかげでした。
 
10年の間本当にありがとうございました。
 
 
こばやしはるお

また終わるために。|安部祥子

最後のステューデントアートマラソンから週が明けましたが、これからお休みに入ります。

 

10月は、どのイベントもファイナル感があり、あっという間に過ぎて行きました。

久しぶりの顔が見れたり、本当にたくさんの方に来ていただき、とても楽しい1ヶ月でした。

終わったらどうするの? といろんな人から聞かれましたが、「休む」ということ以外なにも考えていなくて、終わった今でもあまりが実感もなく、しばらくはちょっと早めの冬休みのような感じなんじゃないかと思っています。

 

Live Art(2011年12月までは+nightと言っていました。)は2009年から、ざっと数えて述べ約1160組のアーティストに参加してもらいました。

ごくごく身近なパフォーマンスアーティストに声かけて始まったワンナイトイベントが、少しずつ人から人が繋がり、ここでやらせてくださいと言ってくる人が出てくるまでになってきたことは、なかなか興味深いことでした。

自分たちのやってきたことなので、思い入れはいっぱいありますが、それでも、別に大したことではないのですよ、と言いたい気もしています。

ただ関わってくれたアーティストやスタッフが、うんうん悩みながら真剣に自由な場に向き合ってくれたのだと思います。

 

良知暁さんが、クロージングパーティーの際に言っていた、「blanClassには、よくわからないものを見に行く」というのは、ある意味うまく言い表してると思います。

なにか作品になる前の実験のようなものをしてもらいたい、そういう場としてつかってもらうことが、なんの設備もないblanClassのできることだったし、むしろそこが一番面白い部分でした。

初めのころはお客さんに、ストレートになんだかわからないとか、ちゃんとした作品を見たかったとか言われたこともありました。その時は憤ったり落ち込んだりしましたが、それもなんだか今では懐かしいというか、今やそういう場所であるというのが了解された場になってしまったところもあります。私自身もあまりいろんなことに驚かなくなっていて、ちょっと麻痺しているかもしれません。

 

個人的なことを言えば、週の前半を別の仕事をして週末はイベントの準備と本番、2ヶ月に1回チラシのための絵を描く。という生活を10年続けてきたわけですが、なんというか、ほぼ休みらしい休みもなく、パートナーと仕事しているとあるあるかもしれませんが、いつ何時でも仕事の話になるという、アフターブランクラスの攻防もあり、ここから離れて帰る家があるスタッフたちが羨ましいこともありました。

2011年に参加した新港村で、「子猫もらってください」の張り紙を見て子猫をもらうことになったり、宣伝ありきでSNSを始めたり、毎週ご飯を出しているので、少しは安心して食べてもらえるかな? と思い立ち調理師免許を取ってみたり、(長いこと調理のバイトをしていたので受験資格があったのです)実家の母から放送室のダメ出しが来たり、演劇関係のイベントが増えてきたころ、劇場で働くようになったり、もちろんやめたいと思ったことも、時々に葛藤もありましたが、いいんだか悪いんだか、なにもかもが混ざった生活でした。

 

なんだか、こうやって振り返りながら書いていると、人生がこれで終わりかのような気になってきますが、明日もちゃんと仕事があります。

週末、人の出入りが少なくなり、ちょっと寂しい思いもするかもしれないけれど、始める前にそうだったように、また空っぽのスペースに野良猫が遊びにきてくれるかもしれませんし、また、別のなにかを始めようと思います。

その前にちょっとお休みを。(どうやって休むかをまずは考えないと!)

 

10年間ありがとうございました。

 

f:id:blanClass:20191030015202j:plain

 

あべしょうこ

10月26日(土)ステューデントアートマラソン vol.15

f:id:blanClass:20191022181943j:plain



 
今週土曜日のLive Artはステューデントアートマラソン vol.15! そしてこのイベントがblanClass休業前の最後のイベントになります。
 
なぜラストイベントを「ステューデントアートマラソン」にしたかというと、それはある意味において最もblanClassらしいイベントだと思ったからです。
 
ステューデントアートマラソンは、blanClassの活動を始めて間も無い時期、2010年1月に「ステューデントナイト」としてスタートしました。そろそろ、大学などにゲストとして呼ばれて、学生たちと話をする機会ができ、アーティストとして活動をしてみたいけれど、そもそも世の中のどこに向けて表現を発信して良いのか、自分が所属する専攻や学んできた技術や形式や歴史なんかとやっていることもどんどんずれてきているような気もするし…、そんなステューデントたちの存在に気がついて、今自分がいる場所から離れて、一息つけるような、そして専攻や形式を飛び越えて交流ができるような場を目指して始めた企画です。
 
活動を開始した頃のblanClassは、大学で美術やアートを知り、触れていくうちに自分の表現を獲得したり、考え方の基礎を身につけたりはするものの、社会に放り出されてから、モヤモヤと行き先に迷い始めているような30才前後のアーティストたちにハマったように思うので、あらためて考えてみると、「ステューデントアートマラソン」のコンセプトは、スピンオフ的な企画のようで、blanClass全体の運営理念をシンプルに言い当てていたように思うのです。
 
10年の間、年に1〜2回行ってきた「ステューデントアートマラソン」、今回が15回目ですが、たくさんの最若手のアーティストたちが通り過ぎて行きました。毎回、今回はどうなるのか? 全く予想がつかないということもあって、不安に思いつつ、蓋を開けてみると、ちょっとびっくりするくらいに面白い経験ができました。
 
先日の「モバイルキッチンでできること#3」で、企画の1人良知暁さんが、毎年の10月17日を「blanClassの日」に制定しよう、そしてその日なにをする日にするのか? という部分を「」(ブランク)にして制定文書を作成、「」内はそれぞれに埋めてくださいとと呼びかけたのですが、良知さん自身は「なんだかわからない表現を見に行く日にしたい」と言っていました。そう思うに至った理由に、一昨年の「ステューデントアートマラソン」に勇気を振り絞って参加したのに、その日の最初の作品で、参加者みんなで歌をうたわされた思い出をあげていましたが、たしかに未分化な試みが未整理のまま提示されるゆえに、慌てもしますが、総じて豊かな時間になってきた気がします。
 
クロージングパーティーをした後に、もうひとつイベントあるというのは、なにか拍子抜けな感じもしますが、最後は、もうちょっと先のことがよぎるようなイベントで締めくくりたいと思います。
 
久しぶりの方もお初の方もぜひ遊びに来てください。

 

こばやしはるお

 

——
 
【blanClass放送室】
10月26日(土)ステューデントアートマラソン vol.15の放送室は3回に分けて収録しました。
 
▲第1弾は、高山勇吹さん、白尾 芽+中西真穂のユニットの2組、進行は小林晴夫。
2019/9/25/Students Part 1/blanClass放送室 
 
▼第2弾は、オヤマアツキさん、白澤はるかさん、八木温生さんの3組、進行は長屋鈴香と村田紗樹。
2019/9/26/Students Part 2/blanClass放送室
 
▶︎第3弾は、齋藤健一さん、沢辺啓太郎さん、藤田 凛/さんの3組、進行は安部祥子と長屋鈴香。
2019/10/2/Students Part 3/blanClass放送室
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
アートマラソンステューデントアートマラソン vol.15
blanClass休業前の最後のイベントは、blanClass定番企画、ステューデントアートマラソン。学科や専攻を違えた現役学生が、一時だけ学校を離れ、それぞれの表現をやってみる異種格闘技戦。世の中にはたくさん存在するはずのどのジャンルからもズレているような作品行為が見られる稀有な機会です。
 
髙山勇吹文字が上手くなりたいから習字する。(課題:空白)
齋藤健一[借りた手袋による接触
沢辺啓太朗[都市と循環]
藤⽥ 凜[言葉で人になる]
オヤマアツキ[TE ASE HOUSE]
白澤はるか[生活のうた(レコーディング)]
八木温生[虫葬儀 なもなきものに「名」をあたえよ]
白尾 芽+中西真穂[かぞえうた]
(エントリー順)
 
日程:2019年10月26日(土)15:00ー20:00(予定)
入場料:700円(ドリンク別)
 
---------------
髙山 勇吹 Ibuki TAKAYAMA多摩美術大学美術学部彫刻学科4年)
1998年生まれ。2016年多摩美術大学入学。主なグループ展に、「新・多摩美術大学彫刻学科ギャラリー」(2018)、「東京インディペンデント2019」(2019)などがある。
---------------
齋藤 健一 Kenichi SAITO東京造形大学絵画専攻3年)
1998年島根県生まれ。2019年東京造形大学造形学部絵画専攻3年在籍。主な発表に、「ステューデントアートマラソン vol.14」(パフォーマンス・blanClass・神奈川・2018)、「SLIDE」(グループ展・ZOKEIギャラリー・東京・2019)、「今日の延長」(2人展・S.Y.P art space・東京)などがある。
---------------
沢辺 啓太朗 Keitaro SAWABE東京造形大学造形学部2年)
1998年生まれ。学生の作品を広めるためのプラットフォームPAPILLONSを毎月発行しています。「見える手」(ワークショップ・blanClass・神奈川・2018)、「SLIDE」(グループ展・ZOKEIギャラリー・東京・2019) 、「Lunch Time Disco」(パーティー・CSLAB・東京・2019-)など。
---------------
藤⽥ 凜 Rin FUJITA多摩美術⼤学絵画学科油画専攻2年)
1998年生まれ。逆子。⾼校時代、演劇部に所属。現場で本当に起こっている出来事と演じられる(作られた)出来事の違いについて興味を持ちパフォーマンスやインスタレーション作品制作を⾏う。 
---------------
オヤマ アツキ Atsuki OYAMA多摩美術大学美術学部彫刻学科4年)
2017年多摩美術大学成績優秀者奨学金取得。「かがわ文化芸術祭2017 主催行事アートコンポ香川2017」入選。2018年「多摩美術大学国際交流プログラム タイ,シラパコーン大学ワークショップ2018」参加。主なグループ展に 「コノタビ」(2017)、「倉庫展」(2017)、「私たちの平成展」(2017)「彫刻学科3年有志展」(2018)、「新TAU彫刻学科ギャラリー」(2018)、東京インディペンデント2019(2019)などがある。
---------------
白澤 はるか Haruka SHIRASAWA(武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻4年)
1996年長野県生まれ。現在武蔵野美術大学油絵学科4年在籍。主にインスタレーション、映像を制作。
---------------
八木 温生 Haruo YAGI(武蔵野美術大学彫刻学科3年)
グループ展に、アートサイト(2017)、学内展示(2018)コネクト(2019)などがある。
---------------
白尾 芽+中西 真穂 May SHIRAO + Maho NAKANISHI東京藝術大学美術学部先端芸術表現科4年/3年)
白尾芽、中西真穂、小山華林の3人で「大きすぎる馬」としても活動中。ドローイングや写真、テキストによる本を制作。
 
白尾 芽 May SHIRAO:1998年神奈川県生まれ。振付への関心を軸に、身体とそれを動かすルールについて思考し制作する。ライターとしても活動。主な展覧会に「vacances」(東京藝術大学学生会館、東京、2018)、「ここからずっと遠く」(東京藝術大学 藝祭、2018)。
 
中西 真穂 Maho NAKANISHI:1998年北海道生まれ。写真を主なメディアとして、撮影行為における身体性、イメージの運動について制作をしている。主な展覧会/出演に「太陽光と…」(グループ展、テラス計画、札幌、2017)、劇団園「シンキロウ」(演劇、王子小劇場スタジオ、東京、2017)、「margin basket」(グループ展、東京藝術大学学生会館、東京、2019)。